10BETはスポーツベット・スロット・ライブカジノのすべてが遊べるブックメーカー・オンラインカジノであるとともに、「サポート体制」「カジノの質」も抜群に高いオンラインカジノです。

例えば10BETは最新の入出金方法である「スティックペイ」や「仮想通貨(ビットコイン)」にも対応していますし、JCBカードにも対応しています。

ライブチャットは24時間で、(使ってみると分かりますが)サポートがとても丁寧です。

出金時間も大変早く、はやいときは15分、遅くても6時間以内には出金処理が完了します。

こうしたことから、筆者の中でも特に評価の高いオンラインカジノの1つですし、10BETが大好きなユーザーが多いことにもかなり納得できています

このページでは、そんな10BETの

  1. ウェブマネーカード対応
  2. ウェブマネーカードを使った入金方法
  3. 10BETに提出するウェブマネーカード書類の準備方法

の3点について紹介していきます。

10BETでウェブマネーカードが使えるようになった

実は10BETはこれまでウェブマネーカードが使えませんでした。

入金しようとしても以下のようにエラーメッセージが表示され、この記事を書くまでは「ウェブマネーを使うのは諦めるしかないのか・・・」とずっと思っていたのです。

しかし、ふと10BETにログインしてみると、「MASTER・JCB」の項目を2つ発見しました。

「サービスの良い10BETなのだから、ユーザーの”入金できない”という声を受けて、新たな決済ルートを確保してくれたに違いない」

そう感じた筆者はさっそくウェブマネーカード入金にチャレンジし、その結果、以下のように10BETでウェブマネーカード入金することができました。

筆者の知る限り2018年後半から2019年初めにかけては10BETでウェブマネーカード入金ができませんでしたが、現在の10BETはウェブマネーカード入金できます。

ウェブマネーカードユーザーの方はぜひ10BETで楽しんでみてください。

10BETのウェブマネーカード入金方法

  1. 「入金」をクリック
  2. 下側のMasterCard/JCBを選択する
  3. ウェブマネーカード情報の入力
  4. ウェブマネー入金完了

「入金」をクリック

  1. 10BETにログインする
  2. 画面右上の「入金」をクリックする

下側のMasterCard/JCBを選択する

  1. 下側の「MASTER/JCB」を選ぶ
  2. 入金金額を入力する
  3. 入金先を「カジノ」「スポーツブック」から選択する
  4. 「ご入金」をクリックする

ウェブマネーカード情報の入力

  1. 氏名
    ウェブマネーカード名義を記入する
    (例)ICHIRO SUZUKI
  2. カード番号
    516645から始まるウェブマネーカード番号を記入する
  3. カード有効期限
    月2桁/年4桁で入力する
    (例)2020年12月⇒12/2020
  4. セキュリティコード
    裏面の署名部分右側の3桁の数字を記入する
  5. 「Deposit in 〇〇」のボタンをクリックする

ウェブマネー入金完了

  1. 以上で10BETのウェブマネーカード入金は完了です。

10BETにウェブマネーカード書類を提出

最後に、ウェブマネーカード書類を10BETに提出していきましょう。

ウェブマネーカードの表面を撮影する

まずはじめに、ウェブマネーカードの表面を撮影します。

表面は、

  1. カード名義
  2. 有効期限
  3. カード番号のはじめの6桁と終わりの4桁

が見えるように、以下のように撮影します(中央の6桁だけ隠します)。

ウェブマネーカードの裏面を撮影する

次に、裏面は署名部分が見えるようにしながら以下のように撮影します(3桁のセキュリティコードは隠します)。

10BETにウェブマネーカード書類提出する

最後に10BETに撮影した2枚の画像をメールで送ります。

メールの送り方・テンプレート
【送り先メールアドレス】
csd@10betjapan.com
【件名】
クレジットカード書類の提出
【本文】
ご担当者様
入金に使用したクレジットカードの画像を送ります。
・表面
・裏面
の2枚を添付しました。
よろしくお願いいたします。

最後にメールにウェブマネーカード画像を添付し、書類提出完了です。

さいごに

さいごになりましたが、下記記事ではウェブマネーカード入金できるオンラインカジノをまとめています。

10BET以外にもウェブマネーカード入金できるオンラインカジノは色々ありますので、それらのカジノを比較しながらより自分の価値観に合ったオンラインカジノを選んでいってみて下さい。

併せて読まれている記事