私はプリペイドカードでオンラインカジノに入金する、いわば「プリペイドオンラインカジノプレイヤー」です。

このブログを見ていただくと分かるように、私の主な使用プリペイドカードは

  • Vプリカ
  • バンドルカード
  • ウェブマネーカード

の3つで、その中でも使用頻度が高いのが、今回紹介する”ウェブマネーカード”です。

私がウェブマネーカードを一番利用する理由は、

  • 発行から5年間カード番号が変わらない(書類提出が1回で良い)
  • カード名義が本人名義(本人名義のみのカジノでもOK)
  • 残高が100万円までチャージできる(Vプリカやバンドルカードは約10万円)
  • カード利用額に対して0.5%のポイントが付く
  • コンビニで買えるウェブマネーや、ネット銀行、クレジットカードなど入金方法が多い

といったメリットがあるからで、私と同じようにウェブマネーカード入金する人は、今後増えるのではないかと思っています。

ウェブマネーカードはリアルカードですので、手元に届くまで1週間ほどかかります。
しかし、その利便性はVプリカ・バンドルカードを超えていますので、現在Vプリカ・バンドルカードを使っている方は、ぜひ切り替えてみてください。

さて、Vプリカやバンドルカードと同じように、ウェブマネーカードも「使えるカジノ」「使えないカジノ」があります

そこでこのページでは、私自身がウェブマネーカードで実際に入金できているカジノと、ウェブマネーカード入金したけど入金できなかったカジノを一覧で紹介していきます。

ウェブマネーカードの使えるオンラインカジノ

現段階で私自身がウェブマネーカード入金しているオンラインカジノは7つあります(今後随時更新します)。

ウェブマネーOKオンラインカジノ
  1. ベラジョンカジノ
  2. 10BET
  3. ラッキーニッキー
  4. ネットベット
  5. ビットスターズ
  6. エンパイアカジノ
  7. クイーンカジノ

これらのカジノについて、「ウェブマネーカード入金時の最低入金金額・入金限度額・入金手数料・ゲーミングプロバイダ数」「各カジノの特徴」を簡単に紹介していきます。

ベラジョンカジノ

最低入金金額 10ドル 入金限度額 500ドル
入金手数料 2.25% ゲーミングプロバイダ 34社(ライブ3社)

ベラジョンカジノはロンドン証券取引所の上場企業が運営しているオンラインカジノで、日本では最も知名度の高いオンラインカジノだと思います。

ベラジョンカジノは以下の画像のようにウェブマネーカード入金できるオンラインカジノの1つです。

なお、ベラジョンカジノのウェブマネーカード入金は、

  • 最低入金金額:10ドル
  • 入金限度額:500ドル
  • 入金手数料:2.25%

となっており、特に手数料が発生するのは大きなデメリットの1つです。

信頼性を重視する人にはオススメですが、「手数料はできればない方が良い」という方は、ベラジョンカジノ以外のオンラインカジノで遊ぶことをオススメします。

注意

ベラジョンカジノは、ウェブマネーカード入金した場合、出金方法として「ヴィーナスポイント」しか選べません。
エコペイズやアイウォレット出金するためには、エコペイズやアイウォレットから1度入金する必要がありますので、覚えておいてください。

10BET

最低入金金額 10ドル 入金限度額 1000ドル
入金手数料 無料 ゲーミングプロバイダ 8社(ライブ2社)

10BETは24時間のライブチャット対応やユーザーの声を受けて常にカジノの質を改善している、サポート体制に優れたオンラインカジノ・ブックメーカーです。

ゲーミングプロバイダは一見少なく感じられるかもしれませんが、例えばライブカジノでは「エボリューション」「アジアゲーミング」「ゲームプレイ」の人気3社を採用するなど、日本人の好きなゲーミングプロバイダが採用されています。

そんな10BETも以下のようにウェブマネーカード入金できるオンラインカジノです。

「せっかく遊ぶならサポートが信頼できるカジノで遊びたい」という方にオススメですし、個人的にはベラジョンよりも気に入っています。

ラッキーニッキー

最低入金金額 10ドル 入金限度額 VIPランクにより柔軟
入金手数料 無料 ゲーミングプロバイダ 28社(ライブ2社)

ラッキーニッキーは2018年6月と9月に日本人プレイヤーからジャックポット的中者が誕生した、「スロットで良い想い」をした人の多いオンラインカジノです。

そんなラッキーニッキーでも下記の画像の通り、ウェブマネーカード入金ができます。

ラッキーニッキーはスロットに強いオンラインカジノですのでスロットプレイヤーにオススメです。

ネットベット

最低入金金額 10ドル 入金限度額 5,000ドル
入金手数料 無料 ゲーミングプロバイダ 24社(ライブ2社)

ネットベットもウェブマネーカード入金できるオンラインカジノの1つです。

しかも、ベラジョンカジノより条件がよく、

  • 最低入金金額:10ドル
  • 入金限度額:5,000ドル
  • 入金手数料:無料

となっています。

ネットベットもベラジョンカジノと同じ「マルタライセンス」で運営されており、オーストラリアのRNGチェック機関「iTechLabs」の認証も受けていますので、イカサマの心配もありません。

それに加えて、ウェブマネーカードで入金した時も、

  • 銀行出金
  • エコペイズ
  • ヴィーナスポイント
  • アイウォレット

すべての出金方法を選ぶことができます

知名度としてはベラジョンカジノより低いですが、ウェブマネーカードとの相性的にはベラジョンカジノよりも上だと個人的に感じています。

ビットスターズ

最低入金金額 5ユーロ 入金限度額 4000ユーロ
入金手数料 2.5% ゲーミングプロバイダ 16社(ライブ1社)

ビットスターズは海外の超大手オンラインカジノレビューサイト「ASKGAMBLERS」で、

  • 2017年にベストカジノ賞
  • 2018年にプレイヤーズチョイス賞

を受賞したオンラインカジノです。

日本での知名度はほとんどありませんが、海外では「超メジャー」なオンラインカジノで、「海外で評価されるオンラインカジノでプレイしてみたい」という方にとてもオススメです。

もちろんこの記事で紹介していますので、以下のようにウェブマネーカードで入金することができます。

エンパイアカジノ

最低入金金額 10ドル 入金限度額 1,000ドル
入金手数料 無料 ゲーミングプロバイダ 23社(ライブ10社)

エンパイアカジノはライブカジノに強いオンラインカジノの1つで、ウェブマネーカード入金することができます。

スロットに関しては、新しいスロットがすぐ導入されなかったり、そもそもネットエント・マイクロゲーミングのスロットがなかったりと散々です。

しかし、ライブカジノはエボリューションゲーミング、アジアゲーミング、ゲームプレイなど全10社を採用していますので、

  • 好みのディーラー
  • 好みのテーブルリミット
  • 好みのルール(例えばノーコミッションのバカラなど)

を選ぶことができます。

また、ウィークリーキャッシュリベートがあり、ライブカジノのベット額に対して0.5%~0.7%が出金条件1倍のキャッシュとして付与されますので、かなりお得にライブカジノで遊ぶことができます。

クイーンカジノ

最低入金金額 10ドル 入金限度額 500ドル
入金手数料 2.25% ゲーミングプロバイダ 23社(ライブ10社)

クイーンカジノもウェブマネーカード入金できるオンラインカジノの1つです。

クイーンカジノはエンパイアカジノの姉妹カジノですので、採用されているゲームなどはほとんど同じ(スロットがイマイチでライブカジノに強い)です。

ただ、エンパイアカジノと違って「ボーナス」が豊富です。

「昼カジ」「夜カジ」「入金ボーナス」「毎日ログインキャンペーン」「バースデーボーナス」など、本当に数が多いので、

  • ボーナスプレイでも楽しみたいライブカジノプレイヤー
  • ボーナス出金条件も苦にならないほど実力のあるライブカジノプレイヤー

から人気があります。

ウェブマネーカード入金できなかったオンラインカジノ

下記のオンラインカジノは、ウェブマネーカード入金できなかったオンラインカジノ一覧です。

プリペイドカードによる入金は、できるカジノ・できないカジノが常に変化していますので、今後も長く調査し続けるつもりですが、下記のカジノはできない可能性が高いと思って入金にチャレンジしてみて下さい。

ウェブマネー不可オンラインカジノ
  • カジノエックス
  • ジョイカジノ
  • カシュミオ
  • ベットティルト
  • カジ旅(MASTER対応していない)
  • チェリーカジノ(MASTER対応していない)

なお、この記事で紹介していないカジノは、現在調査中ですので、しばらくお待ちいただくようお願いいたします。

併せて読まれている記事